特別な器具がいらない 氷コールドブリューコーヒー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
氷コールドブリュー

水でコーヒーを抽出するコールドブリューコーヒー、つまり水出しコーヒーですが、近年、スペシャルティコーヒーを存分に楽しむための淹れ方として注目されています。低温で抽出すると、苦味の元となるカフェインやタンニンが抽出されにくくなり、風味が引き立つためです。

日本生まれのダッチコーヒー?

コールドブリューの中に、水をゆっくり滴下しながら透過式で抽出する、「ダッチコーヒー」と呼ばれる方法があります。「ダッチコーヒー」という名称なので、オランダ生まれかと思いきや、実は京都の老舗「はなふさ」で誕生した日本流の淹れ方です。もともとは、とある本に書かれたインドネシア流の淹れ方を「はなふさ」のマスターが再現したものらしく、戦前のインドネシアはオランダ領だったので、そこからダッチコーヒーと名付けられたそうです。実際には京都で誕生した淹れ方なので、海外では「キョートコーヒー」と呼ばれています。

この「ダッチコーヒー」、もしくは「キョートコーヒー」は、普通は専用器具を使って淹れますが、今回は、専用器具を使わず、コーヒードリッパーで淹れる方法をご紹介します。なおこの方法は、「“氷出し”アイスコーヒーが美味(R25)」という動画を参考にしながら、Blackhole Coffee Roaster 流にアレンジしています。

準備するもの(2杯分)

  • コーヒードリッパー 2つ(1~2杯用と3~4杯用をひとつずつ)
  • 氷 180g
  • 水 少量
  • お好みのコーヒー豆(中挽き) 20g
  • ペーパーフィルター(1~2杯用サイズのもの) 2枚
  • コーヒーサーバー

ここでは、当店がオススメするコーヒー器具、スリーフォーコーヒードリッパーG-101スリーフォーコーヒードリッパーG-102スリーフォーコーヒーサーバーCS-103スリーフォーコーヒーフィルターNO-101を使っています。

淹れ方

1. ペーパーフィルターを切り抜く

ペーパーフィルターを1枚使って、直径6~7cm程度の円形のフィルターを作ります。

円形に切り抜いたフィルター

円形に切り抜いたフィルター。白いポテトチップスに見えますが。

2. コーヒーの粉をセットする

普通のペーパードリップのように、コーヒーの粉をドリッパーにセットしサーバーに乗せます。ドリッパーは、1~2杯用の小さい方です。ペーパードリップのセット方法はこちらを参照してください。

粉をセット

粉をセット

3. コーヒーの粉を湿らす

抽出の効率を良くするために、コーヒーの粉全体を少量の水で湿らせます。水の量は、滴り落ちるか落ちないかくらいです。

粉を湿らす

粉を湿らす

4. 円形のフィルターを乗せる

粉の上に、1で作った円形のフィルターを乗せてください。

元の動画では、ここでティッシュを使っていますが、ティッシュはものによって匂いや味が付き、溶けるものもあるので、避けたほうが無難です。

5. 氷をセットする

4まででセットしたドリッパーの上に、一回り大きいドリッパーを置き、氷を入れます。

氷コールドブリュー

氷コールドブリュータワー

6. 待つ

氷が徐々に溶けて、水が1滴1滴落ちます。室温にもよりますが、だいたい3~4時間で、氷が全て解けてドリッパーに落ちます。これで完成です!

飲み方

濃い目のコーヒーが抽出されます。アイスでそのまま楽しむ場合は氷を入れてください。ミルクを入れればアイス・オ・レとして楽しめます。

コールドブリューコーヒー

氷をたっぷり入れたアイスコーヒーでお楽しみください

湯煎する、もしくはお湯で割るなどで温めれば、ホットのコールドブリューコーヒーも楽しめます。同じ豆でも、お湯で抽出するのとはまた違った風味が味わえます。興味がある方はお試しください。電子レンジを使うと、部分的に沸騰するなどして風味が変容するので、あまりオススメしません。

オススメの豆は

アイスコーヒーには中深煎り以上のコーヒーがオススメです。あまり浅煎りの豆を使うと、酸味が強いコーヒーになります。とはいえ、このあたりは好みの問題なので、色々な豆をお試しください。

Blackhole Coffee Roasterで販売中の豆で言えば、「インドネシア アチェ・アルールバダ」がオススメです。大地の力強さを感じるコーヒーで、強い個性とコクがありますが、コールドブリューで抽出すると角が削れ、丸みのあるコーヒーになります。お湯で抽出したときとの飲み比べも楽しいです。

もっと手軽に楽しみたいときは

今回ご紹介した、1滴1滴水を落としてコーヒーの層を通す透過式の他に、コーヒーの粉をパックにし、水に長時間浸して抽出する、浸漬(しんし)式の淹れ方もあります。こちらは一晩(6~8時間)と時間がかかりますが、ドリッパーなどの器具もいらず、一度に多めに淹れられる方法です。

Blackhole Coffee Roaster では、コールドブリュー用の水出しパックを販売中です。

ケニア コールドブリュー(水出し)コーヒー5パック

ケニア コールドブリュー(水出し)コーヒー5パック

ケニアAAの豆を使ったパックは、ごくごく飲めて、後味もスッキリした味わいです。

インドネシア コールドブリュー(水出し)コーヒー5パック

インドネシア コールドブリュー(水出し)コーヒー5パック

インドネシア・アチェを使ったパックは、コクがあり、まったりした味わいを楽しめます。

手軽に本格的なコールドブリューを楽しみたい方は、ぜひお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スペシャルティコーヒーをご家庭やご自宅でも

世界中から個性的なコーヒー豆を集め、一粒一粒選別し、丁寧に自家焙煎しました。Blackhole Coffee Roasterのスペシャルティコーヒーを、ご自宅やご家庭でお楽しみください。コーヒー豆のみ400gまでなら全国送料200円で通信販売しています。


スペシャルティコーヒーを探す

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*